ドッグフードの安全性とは

日本は、海外に比べて食品の安全管理がしっかりしています。
人が食べる食品は、まず安全と言えるでしょう。
当然ドッグフードも同じだろうと思う人も多いはずです。
しかし、現実はかなり違っています。

ペットフードに対する安全性の基準が決められたのは、平成21年に施行された「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」からです。
それ依然は業界での自主規制はあっても法律的な罰則はありませんでした。
つまり、野放し状態だったのです。

ペットフード安全法が誕生するキッカケは、アメリカで中国産のドッグフードに含まれるメラミンという有機化合物が原因で、多くの犬が死亡する事件がおきたことでした。
「愛玩動物用飼料の安全性を確保し、愛玩動物(ペット)の健康を保護し、動物の愛護に寄与する」目的でペットフード安全法が誕生したのです。

ペットフード安全法では、国が定める有害な物質を含むペットフードの製造、販売、輸入が禁止されています。
これを守らない業者には法的な罰則も規定されています。
これによりペットフードの安全性が保たれるようになりました。

しかし、このペットフード安全法にも欠陥があります。
まずは、禁止されている添加物の基準が甘いことです。
農薬では使用が禁止されている「エトキシン」の使用が見もめられていることです。
また、原材料に含まれる添加物に関しては具体的な基準が決められていません。
「有害な物質を含み、若しくは病原微生物により汚染され、又はこれらの疑いがある原材料を用いてはならない」と記載されているだけで、表示の義務はありません。
つまり、原材料に何が入っているかは判断ができないのです。

原材料の表示で「○○ミート」「○○類」というドッグフードを良く見かけますが、これらに使用されている肉には、死んだり死にかけた動物の肉や病気の動物の肉、障害のある動物の肉など4Dミートと呼ばれる肉が原材料になって場合があります。
つまり原材料の中に危険な要素が隠されているのです。

ペット先進国の欧米と比べると、まだまだ日本のペットフードの安全性に対する考え方はまだまだ遅れています。
飼い主が愛犬のためにより安全なドッグフードを選ぶことが重要ですね。