ドッグフードは年齢ごとに変えるべき?

ドッグフードを買う時に、「年齢別」か「全年齢対応」のどちらを選んだら良いか迷いますね。
年齢別のドッグフードは、大きく「子犬用」「成犬用」「高齢犬用」に分かれています。

子犬用のドッグーフードは、小型犬で生後2ヶ月~10ヶ月、中型犬が生後2ヶ月~12ヶ月、大型犬が生後2ヶ月~15ヶ月が対象になります。
この頃の愛犬は、まだ消化器官が十分に発達していないので、消化吸収の良いものがベストです。
子犬用のドッグフードは高タンパクで成長に必要な栄養のバランスを考慮して作られています。
成犬用のドッグフードには、犬種や室内犬用などの種類があります。
また、肥満犬用や避妊・去勢犬用など愛犬の状態に合わせたものが数多く販売されています。

高齢犬用のドッグフードは、小型や中型犬が6歳ぐらい、大型犬が5才ぐらいが対象になります。
この頃になると運動も少なくなり消化器官も衰えてきます。
そのため消化吸収の良いドッグフードが必要となります。
高齢犬用のドッグフードは、消化吸収の良い高品質のタンパク質に抗酸化成分をプラスしています。

このように年齢別のドッグフードは、愛犬のライフステージを考慮して製造されています。
では、はやり年齢に合わせたドッグフードを選んだ方が良いのでしょうか? 答えは、そう簡単ではありません。
例えば、高齢犬だからといってタンパク質を減らすと元気な高齢犬は栄養不足になってしまいます。
つまり、一概に年齢で区別することはできないのです。
元気なワンちゃんなら全年齢用のドッグフードで十分です。
全年齢用ならドッグフードの切り替えの手間もかかりません。

しかし、年齢別のドッグフードに意味がないわけではありません。
年齢による特質はあるので、気になる時にはドッグフードを切り替えることも必要です。
但し、年齢別になっているからと安心は禁物です。
きちんとドッグフードに記載されている原材料などを確認してから購入して下さい。

そして、何よりも大切なのは愛犬の状態を観察しながら、愛犬に合ったドッグフードを選ぶことです。