魚を使用したドッグフードのメリット

魚を使ったペットフードというと、キャットフードと思われがちですが、ドッグフードでも、魚を使用したものがあります。
鮭や白身魚などを混ぜたドッグフードは少なくありません。
肉食の犬にとって、魚ではタンパク質が不足してしまうと思うかもしれませんが、魚には肉と同様のタンパク質が含まれています。
また、魚の肉も食べ応えがあるので愛犬の食いつきも良くなります。
魚は、肉よりもカロリーも低いので、愛犬の肥満予防にもなります。
高タンパクで低カロリーというダイエットには最適なドッグフードです。
何よりも魚を使用してドッグフードのメリットは、魚に含まれる豊富な栄養素です。

まずは、「カルシウム」です。
カルシウムは、歯や骨を丈夫する働きがあり、ストレスを解消する効果も認められています。
また、タンパク質は、体を作るのには欠かせない栄養素で、体の働きを良くする効果もあります。

次は、「タウリン」です。
人の栄養ドリンクなどで疲労回復の効果が謳われている栄養素ですが、愛犬にも効果があります。
動脈硬化や心疾患、胆石などの予防などが期待されています。
魚の栄養素で、もっとも注目されているのが、「ω-3脂肪酸」です。
ω-3脂肪酸の中でも有名なのが「DHA(ドコサエキサエン酸)」と「EPA(エイコサペンタエン酸)」です。
DHA(ドコサエキサエン酸)には、脳や神経組織の働きを良くする効果があります。
さらにアレルギーの予防や視力回復、認知症などの予防にも期待されています。
EPA(エイコサペンタエン酸)は、血液をサラサラにして血栓や高血圧の予防に効果があります。
さらに、炎症の抑制、アレルギー症状の緩和などにも効果があります。
ω-3脂肪酸は、愛犬の毛の艶が良くなったり、皮膚を丈夫にする効果が認められています。

魚を使ったドッグフードは消化も良いので、胃腸の弱い犬や老犬には特にオススメです。
また、アレルギーが気になるワンちゃんや肥満気味のワンちゃんにも効果が期待できます。
愛犬の健康づくりのためにも、魚を使ったドッグフードも是非試して下さい。