低アレルギーのドッグフードとは

なんらかのアレルギーに悩まれている人は多いはずです。
アレルギーは、環境や食事時などが原因で引き起こされます。
これはワンちゃんも同じです。
特にワンちゃんに多いのが皮膚炎です。
皮膚炎になると痒みが出るので、噛んだり引っかいたりして重症化することが少なくありません。
ワンちゃんは毛に覆われているため飼い主の発見が遅くなったりすることがあります。
愛犬の様子を注意深く見ることが大切です。

アレルギー症状が出たら、アレルゲンを特定する必要があります。
アレルギーの原因は、ハウスダストやダニなどの場合がありますが、ほとんどのケースは食物アレルギーです。
ドッグフードに含まれる成分がアレルゲンになっています。
アレルゲンの特定は動物病院で検査を受ければ分かりますので、アレルギー症状が出たら検査を受けるようにしましょう。

ドッグフードでアレルゲンとなる可能性が大きいのが、「小麦」です。
この小麦に含まれる「グルテン」がアレルギー反応を引き起こします。
犬にはこのグルテンを消化できる力がないのです。
また、同じ穀類のトウモロコシもアレルゲンになる可能性があります。
最近、食品において「グルテンフリー」という言葉が見られるようになりました。
穀物不使用という意味ですが、食物アレルギー対策として注目を浴びています。
これは、ドッグフードも同様で、グルテンフリーのドッグフードに人気が集まっています。
低アレルギーのドッグフードには必要な要素でしょう。

また、牛肉や卵、鶏肉などがアレルゲンになる場合もあるので、きちんとアレルゲンを特定することが大切です。
アレルギーを引き起こしにくい原材料としては、ラム肉や鹿肉、魚類や野菜などです。
牛肉などに含まれる脂肪の飽和脂肪酸は、炎症などを増大させる働きがあります。
そのためには、魚に含まれる不飽和脂肪酸が効果的です。
この不飽和脂肪酸の中のEPAは炎症を引く起こす物質を抑制する働きがあります。
EPAは、「オメガ3必須脂肪酸」のひとつです。
低アレルギーのドッグフードを選ぶ際には、オメガ3必須脂肪酸が入ったものもオススメです。

アレルギーは、愛犬にとっても辛いものです。
愛犬のためにも低アレルギーのドッグフードを選ぶようにして下さい。