ドッグフードを残す時は変えた方がいい?

愛犬がドッグフードを食べ残してしまうのは、よくあることです。
食べ残したからと言って、すぐに他のドッグフードに切り替えるのは早計です。
まずは、食べ残す理由を探して見ることが大切です。

食べ残す理由として考えられるのが、「ドッグフードの鮮度が落ちている」ことです。
犬は美味しさを嗅覚で感じます。
ちょっとした匂いの違いにも敏感に反応して、「食べられない」と判断してしまうのです。
湿気の多い時期や温度の高い時期は、ドッグフードの品質も落ちやすくなるので注意しましょう。
残ったドッグフードは片付けて新鮮なものと交換して様子を見て下さい。

もうひとつの原因は、「おやつの食べすぎ」です。
愛犬にとっておやつは大のご馳走です。
欲しがるからと言ってすぐに与えてしまうと、本来のドッグフードを食べなくなってしまいます。
このような場合は、おやつはやめてドッグフードだけを与えるようにしましょう。
健康であれば、水分さえとっていれば1日ぐらい食べなくても問題はありません。
おやつの食べすぎなら、すぐにドッグフードを食べるようになるはずです。
それまでは、しつけとしてワンちゃんとの「ガマンくらべ」です。

また、エサの場所や食器が変わったりするのも食欲が落ちる原因になります。
敏感なワンちゃんは、首輪のアクセサリーが食器に当たる音だけでも気になって食べなくなる場合もあるので、状況をあれこれチェックして下さい。
もっとも心配な原因は、「体調不良」です。
ドッグフードに近づかないで横になっているような場合は、その可能性があります。
また、下痢やおう吐などの症状があれば要注意です。
体調の異変を感じたら、まずは獣医さんに診断してもらいましょう。
老犬になって食欲が落ちている場合は、ふやかしたり、犬用のふりかけをかけたりすると食べるようになります。

ドッグフードは愛犬の趣向性もあるので、替える場合はサンプル品などで試してみるのが良いでしょう。
アレルギーが心配な愛犬には、いつくかのドッグフードを定期的に切り替えるのも効果があるようです。