肝臓機能維持のドッグフード

肝臓は体内に入った毒素を分解してくれる大切な臓器です。
これは愛犬も同じです。
肝臓機能が低下すると肝臓に炎症がおきたり、細胞が壊れたり、脂肪が溜まったりして正常な働きができなくなります。
いわゆる「肝臓病」になってしまうのです。
肝臓病の厄介な点は、なかなか症状に現れないことです。
「沈黙の臓器」と呼ばれるように、発見するのが難しい病気です。

犬は人間よりも解毒能力が低く、肝臓病になりやすい傾向があります。
これは長年の品種改良が招いた結果とも言われています。
ですから、ドッグフードに含まれる添加物などの合成物質には注意が必要です。
肝臓機能が低下している場合は、以下のような症状が見られます。

  • 食欲がない
  • おしっこの回数が増える
  • 水を飲む量が多くなる
  • 体重が減る
  • おう吐
  • 下痢、軟便
  • 歯茎が黄色くなる(黄疸)

肝臓病は、なかなか見つけにくいので動物病院で血液検査をしてもらうのが良いでしょう。
肝臓病の原因として考えられるのは、「ウィルスや細菌、寄生虫などによる肝臓の炎症」「食事や薬物によるダメージ」「肥満による脂肪肝」「事故等の外的要因」「化学物質による影響」「門脈体循環短絡症(門脈シャント)」などですが、原因自体を特定するのは容易ではありません。
肝臓病を予防するためには、適度な運動とタンパク質を取り過ぎないことです。
タンパク質の取りすぎは、アンモニアなどの有害物質が発生して内臓にダメージを与えてしまいます。
特に質の悪いタンパク質は要注意です。

肝臓機能の健康維持に効果的なドッグフードは、人工的な添加物が含まれていないもので、低脂肪のものが良いでしょう。
また、質の良いタンパク質も予防のためには大切です。
但し、肝臓病になっている場合は、アンモニアの少ない乳製品や魚のタンパク質がオススメです。
また、アルギニンや亜鉛などのミネラルやビタミンも肝臓には良い栄養素です。
さらに、L-カルニチンは脂肪燃焼の効果があるので脂肪肝の予防になります。

肝臓病は発見が難しい病気ですから、定期的に動物病院で血液検査を受けるのが望ましいですね。