ドッグフードの適量

ドッグフードには、1日の給餌量の目安が表示されています。
しかし、この目安を基準にして与えれば良いと言うものではありません。
年齢や体重など様々な要素を加味して算出することが必要です。
まずは、目安となる1日の標準必要エネルギーを算出しましょう。
1日の必要エネルギーの計算は、以下です。

(体重×30+70)×係数=1日に必要な摂取カロリー

係数は、愛犬の状態によって異なります。
<係数>
4ヶ月までの子犬=3.0
4ヶ月から1年までの子犬=2.0
避妊・去勢をしていない成犬=1.8
去勢・避妊をしている成犬=1.6
肥満気味もしくは中高齢犬で避妊・去勢していない犬=1.4
肥満気味もしくは中高齢犬で避妊・去勢している犬=1.2
減量が必要な犬=1.0

このような愛犬の状態に合わせて1日に必要なカロリーを計算します。

例えば、避妊・避妊をしている10kgの成犬の場合、592kalが必要摂取カロリーになります。
次に、ドッグフードの1日給餌量を見てみましょう。
毎日どのぐらいの量を与えているのかで1日の摂取エネルギー量がわかります。

<1日の摂取エネルギー量>
給餌量(g)÷100(g)×kcal数/100g

100gあたり280kcalのドッグフードを1日215gあげているとしたら、1日の摂取エネルギーは602kcalになります。
先ほどの1日592Kcal必要なワンちゃんには、やや多めになりますね。
また、肥満気味や中高齢犬ではさらに必要カロリーが少なくなるので、1日の給餌量には注意が必要です。

また、運動量や外飼い、室内犬、なども必要カロリーに違いが出てきます。
人間と同じように肥満は愛犬にとっても重要な問題です。
自分の愛犬がどのぐらい太っているのかを知ることも大切です。
愛犬の肥満度は「BCS(ボディ・コンビション・スコア)」 という目安があります。
見た目と肋骨などを触って判断するもので、「痩せすぎ」から「肥満」まで5段階に分類されています。
一度参考にして下さい。

きちんとしつけておかないと愛犬は、わがままで美味しいものを欲しがってきます。
そのまま与えていれはすぐに肥満犬になってしまいます。
愛犬に必要なカロリー量は決まっています。
このことをきちんと理解してドッグフードを与えることが大切ですね。