レトルトのドッグフード

ドッグフードには、大きくドライタイプとウェットタイプがあります。
ドライタイプは「カリカリ」と呼ばれる水分の少ない粒状のドッグフードです。
栄養バランスに優れているので、毎日の食事にオススメです。

ウェットタイプは、水分が多く生肉に近い食感のため、愛犬にはご馳走です。
但し、カロリーが多目なので食べすぎには要注意です。
ウェットタイプのドッグフードばかり与えていると肥満になってしまいます。

かつて、ウェットフードは缶入りのものしかありませんでした。
缶は密封性に優れているのでウェットフードには適した容器ですが、食べ終わった後の缶は場所をとり、「ゴミ箱がペットの缶でいっぱいになってしまう」という悩みがありました。
この悩みを解消したのが、レトルトのドッグフードです。
レトルトとは、缶詰や袋詰め食品を加熱処理する釜の意味ですが、現在では加熱処理した袋詰めの食品(レトルト食品)のことを総称して言います。
遮光性や密封性が高く多くの食品に利用されています。

ウェットタイプのドッグフードもレトルトタイプのものが多くなっています。
袋状の容器なのでゴミのスペースが少なくて済みます。
レトルトドッグフードは、封を開けるとワンちゃんの食欲をそそる匂いがします。
喜んで食いつく愛犬も多いはずです。
レトルトドッグフードは、ドライドッグフードのように長期保存ができないので、開封したらその日の内に食べきるようにします。
また、未開封では消費期限内には消費することが大切です。

愛犬の食欲が落ちた時などは、レトルトがあると食欲を刺激して食べてくれることがあります。
また、病後や体力の衰えている時には、消化も上手くできません。
ウェットタイプなら消化吸収も良いので、常備しておくと便利ですね。
レトルトドッグフードは、牛・豚・鶏などと野菜を混ぜたものやスープやリゾット風のものなど様々な種類があります。
愛犬の好みを考えて選ぶのも楽しいですね。
但し、原材料や添加物にも注意が必要です。
極力品質の良いものを選ぶようにしましょう。