小型犬と大型犬用のドッグフードの特徴

同じ犬でも犬種や体格によっても摂取カロリーや必要な栄養素が異なります。
小型犬や大型犬によってドッグフードを変えることが必要です。

体重が10kg以下の成犬が小型犬です。
成犬の中でも小型犬や超小型犬はもっともカロリーを必要とします。
食いムラが多いのでドッグフードにも注意が必要です。

小型犬用のドッグフードの特徴は、カロリーが高いことです。
体が小さく消化器官も小さいので1回での食事量は中型・大型犬より少なくなっています。
それなのに1日の必要カロリーが大きいので、1回の食事で十分なカロリーを摂取しなければなりません。
このために、小型犬用のドッグフードは高カロリーなものになっています。
但し、小型犬の多くは室内犬なので、運動不足の場合も少なくありません。
これを考慮して、少しカロリーを抑えたタイプの小型犬用のドッグフードもあります。

もうひとつの特徴は、ドッグフードの粒の形です。
小型犬は、口もアゴも小さいので上手く噛み砕けません。
小型犬用のドッグフードは、噛み砕きやすいように小粒になっています。
さらに、楕円形や歯にひかかりやすいような形状にしたものもあります。

成犬の体重が25.26kg以上あるのが大型犬です。
大型犬と言うとガツガツ良く食べるイメージがありますが、1kgあたりの必要カロリーは、小型犬や中型犬よりも少なくなっています。
大型犬用のドッグフードは他のものよりもカロリーが低めになっているのが特徴です。
また、大型犬はあまり噛まないで飲み込むように食べる傾向があり、胃腸に負担をかけてしまいます。
そのために、大型犬用のドッグフードは、しっかりと噛めるように大きさや形状が工夫されています。

もうひとつの特徴は、カルシウムが配合されていることです。
大型犬の骨を維持するためにはカルシウムが必要です。
大量には必要ありませんが、大型犬はミネラルの吸収率が他の犬よりも低いので、余分にカルシウムを配合しているのです。
また、大型犬は関節や心臓に負担がかかりやすい体系になっています。
このような負担を軽減する栄養素なども大型犬用のドッグフードには必要です。

まずは、大型犬や小型犬の特徴を理解して、成長段階に合わせた専用のドッグフードを選ぶことが大切ですね。