仔犬にドッグフードをあげる回数

一言で子犬と言っても、犬種によって成長の仕方が異なります。
特に注意したいのが大型犬や中型犬の子犬の場合です。
子犬の時期は急激な成長期なので必要な栄養も多くなります。
但し、大型犬や中型犬の場合は、体の成長に骨の成長がついていけません。
栄養を与え過ぎて腰に負担がかかってしまいます。
すると、股間節形成不全という遺伝病になる危険性があります。
子犬は、成長期に合わせてこまめに食事の量や回数をチェックする必要があります。

生後1ヶ月から3ヶ月は、犬用の離乳食がオススメです。
子犬用のドッグフードを子犬用のミルクでふやかして与えるのも良いでしょう。
ドッグフードの量は、体重1kgあたり55gのドッグフードを4回に分けて与えて下さい。
この頃は、まだ消化器官も十分に発達していないので、吐いたりすることがあります。
注意深く様子を見ながら与える量を調整することも大切です。

生後4ヶ月から6ヶ月までは、子犬用のドッグフードに切り替えていきます。
体重1kgあたり45gのドッグフードがオススメです。
1日3回に分けて与えます。

食べる量のピークが、生後6ヶ月頃です。
体重1kgあたり45gの子犬用のドッグフードを1日2~3回に分けて与えて下さい。

生後10ヶ月ぐらいになると食事の量も安定します。
体型も成犬と同じぐらいになっています。
体重1kgあたり35gの子犬用のドッグフードを1日2~3回に分けて与えます。
この時になると、成犬用のドッグフードへの切り替え時期です。
子犬用のドッグフードに少しずつ成犬用のドッグフードを増やしていきます。
大体1~2週間ぐらい時間をかけて切り替えていくようにします。

子犬のエサの与え方は、大雑把に言えば生後6ヶ月までは太らせるぐらいの気持で与えることです。
但し、子犬は消化器官が未発達なので食べ過ぎるとお腹を壊す危険もあります。
ウンチが柔らかい時は、与えすぎの可能性があるので注意して下さい。

6ヶ月までは、愛犬の成長期です。
成長期にはしっかりと栄養を与えることが大切ですが、反面消化器官や骨などとの成長のバランスが難しい時期でもあります。
愛犬の様子を見ながら食事の量を調整するようにしましょう。