どのくらいの温かさで出すべきか

私たちは、夏は冷たい食べ物を冬は暖かい食べ物を好みます。
寒い時に熱々の鍋物なんて最高ですよね。
四季折々に合わせて温かさの異なった食べ物を楽しむのが私たちの食生活です。
では、愛犬はどうでしょうか?

犬も暑い夏などには、夏バテをして食欲が落ちることがあります。
人間なら「冷やし中華」や「ソーメン」など冷たい食べ物でとりあえずエネルギー補給をするでしょう。
でも、愛犬のドッグフードも冷やしてあげれば、喜んで食べてくれる思うのは誤りです。

犬にとって冷たい食べ物は、「新鮮でないもの」「腐ったもの」などと感じるのです。
犬にとってのご馳走は、獲物の体温が残っている状態のものです。
大体40度ぐらいの食べ物を好んで食べるのです。
逆に冷たい物は、「危険なもの」と判断して食べようとしないのです。

ドッグフードが冷たくなったら、ドライフードならぬるま湯でふやかしてあげます。
レトルトフードは、レンジで軽く温めてあげると食いつきが良くなります。
但し、熱くするのは禁物です。
犬も「猫舌」です。
熱いとやけどする恐れがあるので、温度には注意して下さい。

カリカリのドッグフードは、あまり温度を気にしなくても大丈夫です。
食欲がなさそうな時は、ふやかすのも良いですが、鶏肉スープなどを温めてトッピングするのも美味しさが増します。

犬は、匂いで食欲を感じます。
ほとんど味覚はありません。
温めることで匂いも出てくるので、食いつきも良くなります。
ドッグフードには犬の食欲を刺激するために、わざと匂いをつけているものもあります。
食いつきが良いからといって安心してはいけません。
どのような添加物などを使っているのか注意が必要です。
特に格安ドッグフードには危険な添加物が含まれている可能性があります。

ドッグフードを与える際には、愛犬の習性を理解しましょう。
飼い主が熱い物が好きだからといって、そのまま与えてはいけません。
愛犬は出されたものは、まずは食べてしまいます。
結果やけどなんてしたら目も当てられませんね。